ツーバイ材で簡単収納棚をDIY

ツーバイ材で簡単収納棚をDIY

図面をその場で考える

新婚で最近引っ越しをした友人から棚を作って欲しいという要請を受けたので、出張DIYしてきました。

道具も時間も限られていたので、簡単なものしかできないよ〜
とだけ伝えておいて、いざ当日。

ある程度、作るものが決まっているものと思って行ってみたところ、

サイズも用途も決まっていない状態…。

「とにかく何にも決まってないけど、とりあえず棚が欲しい!」

とのこと。

なんじゃそりゃ!!

とツッコまざるをえませんでしたが、せっかく依頼を受けたので。

とりあえず今後部屋をどのような感じにしていくか、今ある家具の配置などについて考えてることからスタート!

ああでもない、こうでもない。

ソファーやテーブルを移動して、最終的な部屋のレイアウトを決めること2時間。

やっとレイアウトが決まったのがお昼過ぎ。最終的にキッチンとリビングの間の壁沿いに収納棚を作ることに決まりました。

作業時間が1日と決まっていたので、タイムリミットは確実に減ってしまいましたが、こんな時こそしっかりとした下準備が必要です!

条件などを絞りながら、イメージを図面に書き起こすことで具体化していきます。

 

 

図面

DIYでの図面は製品化するようなしっかりしたものである必要はありません。

自分がいつもても見て分かることが一番大事です!

今回掲載しているものはブログ用に少し正確な画像にしていますが、普段はフリーハンド。

木材などは規格サイズが決まっていたりするので、必要な材料が市販の規格の長さからどれだけの数取れるかをあらかじめ知っておくことで、売り場で悩むことなくスムーズに作業を進めることができます。

そのためにも、どのくらいの長さのものがどこに使われているか…など要点を抑えてわかりやすく書くことが多いです。

今回作る収納棚の主な用途は置き場のない雑誌や本を収納することなので、雑誌や本の量に合わせて棚の高さを変えています。重いものを入れるので強度のあるツーバイ材をメインで使用し、今後引っ越す可能性も考慮に入れたいと言うことだったので同じサイズの収納棚2つ置くことにしました。

またコスト削減のため側面と棚の部分はツーバイ材を4枚並べて使い、天板だけパイン材にすることにしています。

スポンサードリンク

 

 

作業

思いのほか最初の段階でつまずいてしまったため、時間との戦いになりました。
この日を逃すとしばらく作業を中断しないといけなくなるので、急遽予定を変更して1人で買い出し&組み立て作業(途中まで)をすることにしました。

 

いつものようにあらかじめ長さを計算して、ホームセンターへ。

カットはホームセンターでしてもらいます。

作業は音が出るので、外で行います。組み立てるのは収納棚の側面の部分。残りは部屋の中で作業をします。

材料の買い出しが終わり、作業を始めるころには日が落ちかけていました。

 

焦ってもミスに繋がるので、慎重に…。

作業に集中していたため、記録写真はほとんど残せず。

 

ビスは表に出て目立たないように内側から打っています。

 

やっと側面が完成した時には完全に日が沈んでいました。

そこから荷物を積み込み急いで移動!

 

家の中で最後の組み立て作業です。棚の部分を固定していきます。

 

棚の部分も表にビスがでて目立たないようにして組み立てていきました。

 

完成!!

のはずだったのですが、実は天板のパイン材だけ未接着…。

接着と仕上げのヤスリ掛けは、手順を教えて後日2人に任せることになりました。

中途半端な状態ではありましたが、どうにか最低限の仕事はできた…かな?

スポンサードリンク